【貿易業界】貿易に携わる人々!どんな仕事があるか覗いてみよう!

貿易実務
この記事は約4分で読めます。

貿易に関する仕事は実にたくさんあります。今回は、会話形式でどのような仕事があるか見ていきましょう!

貿易業界に就職したいって学生や転職したいって社会人にどのような仕事があるか教えてください!

はい。貿易には実にたくさんの方々が携わっています。今回は、貿易業界には、どんな仕事があるか見てみよう。

はい。よろしくお願いします。

まず最初に貿易の主役といえる「商社」や「メーカー」があります。商社やメーカーは、商品を輸出入する会社ですね。

日本製品を輸出している会社や海外から商品を輸入している会社が商社やメーカーですね。他にはどんな仕事をしている会社がありますか?

はい、税関に対して通関手続を行う「通関業者」があります。通関業者は、個人や会社から唯一お金をもらって通関業務( ① 通関手続の代理 ② 不服申立ての代理 ③ 主張・陳述の代行 ④ 通関書類の作成 )をすることできる会社です。

税関に対して通関手続きの代理などをする会社が通関業者ですね。ところで通関手続きにはどんなものがありますか?

例えば、商品を輸出する時に税関に対して行う輸出申告から許可を得るまでの手続きがあります。通関業者は、通関業の他に海貨業、陸運業、倉庫業なども兼業していることが大半で、輸出入をしている商社などにとってはなくてはならない存在なんです。

とても重要な役割を担っている仕事なんですね。

はい、まだまだたくさんあるので、紹介していきます。次は、貨物利用運送事業者(フォワーダー)です。

フォワーダーですか・・?

フォワーダーは、荷主(商社など)と実運送人(船会社や航空会社)との間に立ち、実運送人の運送手段を利用して、国際輸送を引き受ける事業者です。先程の通関業の許可も合わせて持っていることも多く、輸出入者の通関業務や国際物流のパートナーといえる存在です。

次は、荷主または船社から受託し「港湾地区」で貨物の船積み、陸揚げ、荷捌き等を行う港湾運送の仕事を紹介します。港湾運送事業は、①一般港湾運送事業 ②港湾荷役事業 ③はしけ運送事業 ④いかだ運送事業 ⑤検数事業 ⑥鑑定事業 ⑦検量事業の7種類があります。

たくさんあって覚えられないですけど・・。港で船から貨物を卸したり運んだりする仕事のイメージですか?

そうです。外国船が接岸する港、コンテナターミナルで船積み貨物について積み卸し・運搬などの仕事をするイメージでOKです!

ちなみに、通称乙仲(おつなか)と呼ばれる海貨業者(=海運貨物取扱業者)は、①一般港湾運送業で限定が付され、荷主の委託を受けて本船へのコンテナ貨物の引渡しまで、または本船から受け取った後の輸送の仕事を行なっています。最初に出てきた「通関業者」は海貨業の免許も持っていることが多いです。

港湾運送事業の仕事で、一気に貿易関係者が増えた感じですね。

そうですね。それと忘れてならないのが、輸出入者(商社やメーカー)の貨物を実際に運ぶ業者である船会社・航空会社がありますね。

日本は島国なので、船会社・航空会社がないと輸出入できませんね。

貿易は、売買取引した輸出入者(商社やメーカー)の商品を運ぶために多くの人々が支えてるといえますね!

ここまで、たくさん貿易の仕事を教えてもらいました。まだ他にもあるんでしょうか?

そうですね、もう少し紹介します!

次は税関です。税関は、輸出入の許可を出す公的機関で、輸出入に係る商品の書類をチェックし、貨物について必要な検査を行います。輸入の場合は、関税も徴収します。すべての輸出入貨物は税関を通って流通しています。ちなみに、税関の役割は、① 輸出入貨物の通関 ② 関税の徴収 ③ 密輸の取り締まり ④ 保税地域の管理⑤ 貿易統計の作成・公表です。

そうですね、税関もありましたね。

そして、その他の関係機関として、商品の安全性や規格を検査する検査機関、原産地証明書を発行する商工会議所、貿易に関する情報を提供している各国の大使館やジェトロなどもあるので、覚えておくと良いでしょう。

そして、あと残り2つです。保険会社と銀行を紹介します。

保険会社と銀行はあまり貿易のイメージがありませんけど・・?

保険会社は、輸出入者のリスクを守る貿易関係者です。貨物の運送上のリスク、貿易取引上のリスク、生産物(製造物)賠償責任をカバーしています。輸出入者は、① 貨物海上保険 ② 貿易保険 ③ PL保険を必要に応じて保険申し込みをしています。

そして最後は、銀行です。銀行は、売買取引において、決済などのお金に関わる部分を担っています。外国送金や荷為替手形決済、信用状発行など、輸出入者(商社やメーカー)になくてはならない貿易関係者といえます。

今日はたくさんの貿易の仕事を教えてもらいました。気になる仕事、職業について自分でも詳しく調べてみたいと思います。

はい、ネットにたくさん情報がありますので、調べてみるといいですね!

今日はお疲れ様でした!

まとめ

  • 輸出入者(商社・メーカーなど)
  • 通関業者
  • 貨物利用運送事業者(フォワーダー)
  • 港湾運送事業(7種)
  • 海運貨物取扱業者(海貨業者)
  • 船会社・航空会社
  • 税関
  • その他関係機関(公的検査機関、商工会議所、各国の大使館やジェトロなど)
  • 保険会社
  • 銀行

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました