【食品の個人輸入をしたい方必見!】食品の輸入に関する食品衛生法・植物防疫法・家畜伝染予防法をわかりやすく解説します。

初心者向け
この記事は約6分で読めます。

海外旅行のおみやげに食品を選ぶ人も多いと思います。日本への入国の際にチョコレートは問題なく持ち込めるのにビーフジャーキーは持ち込み禁止など、その線引きがよくわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は、国際郵便や国際宅配便を利用して食品を輸入を考えている方にも役立つ内容で、食品輸入の法律を詳しく解説していきます。

今回は、食品を「個人輸入」する場合を対象にしています。「商用輸入」は対象としていませんので、あらかじめご了承ください。

食品を個人輸入する場合のチェック項目!

今回の記事では、次の流れで、食品輸入に関連する法律を見ていきます。

「食品衛生法」(食の安全と国民の健康を守る法律)「植物防疫法」(果実、野菜、穀類、豆類、香辛料等の輸入を規制する法律)「家畜伝染予防法」 (肉、ハム、ソーセージ、ベーコン、乳製品の輸入を規制する法律)

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

食の安全と国民の健康を守る「食品衛生法」

食品衛生法は、食の安全と国民の健康を守る目的で定められている法律で、輸入食品もこの法律で規制されています。

食品衛生法では、食品を輸入する場合は、輸入者は検疫所に「輸入届出」を行わなければならないと規定していますが、この「輸入届出」の対象は、販売等を目的とした輸入の場合となっているため、個人用に消費する目的で輸入するなどは「輸入届出」が不要となります。

食品衛生法の「輸入届出」が不要となる場合(販売等を目的としない次のもの)

・個人用 : 輸入した本人が自家消費する場合、外国からの贈り物、旅行者などがお土産用や自家消費用に携帯して輸入する場合等
・試験研究用:試験室または研究室で試験研究に使用する場合
・社内検討用:社内で検討するために輸入する場合
・展示用:展示のみに使用する場合
・10kg以下の食品

以上のことから、個人輸入と呼ばれる輸入の場合は、食品衛生法の輸入届出の手続きは不要です。

個人輸入でも10kgを超える場合は、販売等目的と税関に判断されるので、注意が必要です。

果実、野菜、穀類、豆類、香辛料等の輸入を規制する「植物防疫法」

個人輸入の場合は、食品衛生法による「輸入届出」が不要ですが、食品の輸入には他にも法律による規制があります。

果実や野菜などは、量の多少、商用・個人消費用等の用途に関係なく全て植物防疫法の「検疫」の対象になっています。輸入しようとする食品が植物の場合は、「輸入禁止品」、「検査不用品」、「輸入検査品」のどれに該当するかを確認する必要があります。

輸入禁止品(植物防疫法第7条第1項)

1. 植物防疫法施行規則別表二に掲げる地域から発送され、または当該地域を経由した同表に掲げる植物
2. 植物防疫法施行規則別表二の二に掲げる地域から発送され、または当該地域を経由した同表に掲げる植物(同表に掲げる基準に適合しているものを除く。)
3. 植物防疫法施行規則別表一の二に掲げる植物(同表に掲げる地域において栽培されたものを除く。)
4. 植物検疫の対象となる生きた病害虫
5. 土または土の付着する植物
6. 上記1から5に掲げる物の容器包装

輸入禁止品については、植物防疫法第7条第1項に規定がありますが、こちらで確認するのは大変なので、植物防疫所ホームページの「輸入条件に関するデータベース」を利用します。こちらで、国・地域、植物を指定して輸入条件を確認できます。

輸入条件に関するデータベース

検査不用品(輸入植物検疫規程第6条)

・製茶(乾燥、加熱、発酵等の加工処理が行われた茶)、ホップの乾花及び乾たけのこ
・発酵処理されたバニラビーン
・亜硫酸、アルコール、酢酸、砂糖、塩等に漬けられた植物
・あんず、いちじく、かき、しなさるなし、すもも、なし、なつめ、なつめやし、パインアップル、バナナ、パパイヤ、ぶどう、マンゴウ、もも 及び りゆうがんの乾果
・ココやしの内果皮を粒状にしたもの
・乾燥した香辛料であって、小売用の容器(瓶詰、缶詰、アルミホイル容器等病害虫のおそれのない状態)に密封されているもの

植物を原材料とする加工品のうち、製茶のように加工されたものや瓶詰された乾燥香辛料や缶詰などで密閉されているものなど、植物検疫の対象になる病害虫が付着する恐れがないものは輸入検疫の対象になりません。

輸入検査品

輸入検査品または検査不用品に該当しない植物は検査対象となります。食品としては、果実(生鮮、冷凍、乾燥)、野菜(生鮮、冷凍、乾燥)、穀類、豆類、未焙煎のコーヒー豆、スパイス、ハーブ、菜種、ごま、植物性の漢方薬原料などが該当します。

これらに該当する場合は、輸入に先立ち、輸出国政府機関が発行する「植物検疫証明書」が必要となります。検査証明書がなければ、植物を輸入することはできません。

海外のネットショップや海外の友人等に食品を送ってもらう個人輸入では、「植物検疫証明書」の取得は難しいといえます。検査不用品に該当する食品を選んで輸入するとよいでしょう。

肉、ハム、ソーセージ、ベーコン、乳製品の輸入を規制する「家畜伝染予防法」

肉、ハム、乳製品などは、量の多少、商用・個人消費用等の用途に関係なく全て「検疫」の対象になっています。

輸入検査が必要な畜産物(指定検疫物:家畜伝染予防法施行規則第45条)

牛、豚、羊、山羊、鹿などの偶蹄類の動物
馬、ロバなどの馬科の動物
家きん(鶏、うずら、きじ、だちょう、
ほろほろ鳥、七面鳥、あひる、がちょう
などのかも目の鳥類
うさぎ、みつばち
・肉、臓器、骨、角、皮、毛、卵、生乳、糞など
・肉などを原料とするハム・ソーセージ、ベーコン
・肉などを含んだ加工品
・乳製品(乳、脱脂乳、クリーム、バター、チーズ、
れん乳、粉乳、乳を主要原料にするもの)
(出所)税関ホームページ「カスタムアンサー9006」に追記して作成

輸入検査が必要な畜産物は、輸出国政府機関発行の「検査証明書」の取得が必要となります。

カップラーメンの肉や豚骨スープなども検疫の対象になっているので、注意が必要です。

輸入検査が不要な畜産物

・指定検疫動物以外の動物由来のもの
・指定検疫動物由来のもののうち、
①角、毛、皮、羽等の完全加工品(ボタン、ブラシ、ダウンジャケット、、皮革コート等)
②はちみつ ただし、コムハニー(巣の状態のままのはちみつ)や、幼虫やみつばちが混入している場合は検査対象となります。

缶詰、レトルト製品は、加熱殺菌の程度、容器の状態等により検査不要の場合もあります。

まとめ

食品の個人輸入について、3つの法律を見てきました。

・食品衛生法 ・・ 個人輸入は、「輸入届出」が不要。10kg以下で輸入すればOK!
・植物防疫法 ・・ 病害虫が付着する恐れがないもの(加工品・瓶詰・缶詰など)は輸入検疫の対象外
・家畜伝染予防法 ・・ 肉などを原料とするハム・ソーセージ、ベーコンは、「検査証明書」の取得が必要

以上、食品の個人輸入について詳しく解説しました。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました